インポテンツと包茎の関係

インポテンツと包茎の関係

インポテンツとは肉体的、精神的など様々な要因でペニスが勃起しにくい状況のことを指します。ネットなどでは包茎が原因のひとつだといわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

包茎だとインポテンツになりやすいって本当?

まず、EDとインポテンツを一緒だと勘違いしている方がいますが、実際には症状が異なります。
「EDは勃起不全」のことを言い、「インポテンツは性機能障害」のことを言います。すなわち、インポテンツという括りの中にEDが含まれるという事です。
EDには、原因によっていくつか種類があります。
まず、「心因性ED」と言われるもので、過度の緊張、性行為に対するトラウマ、ストレスなどが原因になります。こちらが、EDの中で一番多いパターンです。
次に、「器質性ED」と言われるもので、高血圧、糖尿病、老化、男性ホルモンの低下、うつ病などが原因になります。
最後に、「混合型ED」と言われるもので、心因性EDと器質性ED、両方の原因が絡み合って生じます。
包茎というのは、男性からすると「恥ずかしいもの」なのです。温泉などでも、包茎であるがゆえに同性にさえペニスを隠してしまいます。これは、自分のペニスに自信を持っていないことの表れです。
セックスパートナーに見られることも恥ずかしいことで、何か言われるのではないか、という不安感がいつも付きまといます。そうすると、「性交への恐怖感」、「自身のシンボルへの失望感」からストレスやトラウマ、プレッシャーを感じるようになり、「心因性ED」になってしまうのです。
このように、包茎はインポテンツの原因になるという事が分かります。しかし、裏を返せば、包茎の治療をすることで自信を持てるようになり、症状が回復に向かうという事です。これは、あくまで包茎に起因するEDの場合であり、実際には様々な要因があるので注意が必要です。
ちなみに、包茎治療は5万円程度で、入院することなく気軽に受けることが出来ます。
↓包茎の治療と同時にEDの治療も
バイアグラ 通販
↓ED治療をして自信を取り戻そう!
ED治療
↓ジェネリック医薬品で安価に治療を!
カマグラ
↓インポテンツには持続時間に期待できるこの薬
フォーゼスト